会則

広島県青年薬剤師会会則
第一章 総則
第一条 本会は広島県青年薬剤師会と称する。
第二条 本会は事務局を広島市に置く。
第二章 目的
第三条 本会は青年薬剤師の協調と親睦を深め、青年の熱情と行動力をもって薬剤師の倫理と学術的水準を高めるために日夜研鑚し、県民の健康と福祉増進および公衆衛生の向上に努めることを目的とする。
第三章 事業 第四条 本会はその目的達成のために次の事業を行う。
一、薬学および薬事衛生の進歩発展と薬剤師の倫理に関する事業
二、薬剤師の職能向上に関する事業
三、県民の健康と福祉増進ならびに公衆衛生の向上に関する事業
四、会員の協調ならびに親睦に関する事業
五、会員の相互援助ならびに福祉に関する事業
六、本会の広報宣伝ならびに会員相互の情報交換に関する事業
七、その他目的達成に関する事業
第四章 会員
第五条 本会の会員は県内に居住または勤務する青年薬剤師等で組織し、正会員、名誉会員、準会員、学生会員の四種とする。
第六条 本会の入、退会は細則に定める手続きを経て理事会の承認を得るものとする。会員が本会の名誉を著しく傷つけ、また本会の目的に反する行為のあったときは、理事会ならびに総会の決議を経て当該会員を除名することができる。なお、正会員を除名しようとする時は、その総会の開催日の1週間前までに、当該会員に対してその旨を通知し、かつ当該総会において弁明の機会を与えなければならない。
第七条 本会の会員は、本会の会則および細則に定める方法により会費を納めなければならない。
第五章 役員
第八条 本会に次の役員を置く。
一、会長一名
二、副会長若干名
三、理事若干名
四、監査二名
第九条 役員は総会で議決された事業を執行するために、次の業務を担当する。
一、会長は本会を代表する。
二、副会長は会長を補佐する。
三、理事は会務を執行する。
四、監査は会務を監査する。
第十条 役員は本会員の中より細則の定めるところにより選出する。
第十一条 役員の任期は次のとおり定める。
一、通常の任期は二年とする。ただし、再任を妨げない。
二、補欠により就任した役員の任期は前任者の残任期間とする。
三、役員は本会の役員にふさわしくない行為のあった場合、または特別の事情のある場合には、その任期中といえども理事会ならびに総会の議決により解任することができる。
第十二条 本会に顧問および相談役を置くことができる。顧問および相談役は会長が委嘱する。
第六章 委員会
第十三条 本会に次の委員会を置く。
一、総務委員会
二、会計委員会
三、学術委員会
四、業務委員会
五、広報委員会
第十四条 各委員会にはそれぞれ担当理事が所属し統轄する。
第十五条 各委員会は、総会の方針に基づき、具体的な活動方針ならびに事業計画を作り、それを実行する。
第七章 会議 第十六条 会議は総会および理事会とする。
第十七条 総会は通常総会および臨時総会とし、通常総会は毎年一回事業年度終了後二か月以内に会長が招集する。
第十八条 臨時総会は次の場合に会長が招集する。
一、会長が必要と認めたとき
二、会員の三分の一以上から、招集の理由および会議の目的である事業が提示され、総会の招集が請求されたとき。
第十九条 総会の招集は第十八条第二項の場合を除き、討議すべき事項、日時および場所をあらかじめ通知しなければならない。
第二十条 執行部は次の事項を総会に提出し、その承認を受けなければならない。
一、前年度事業報告および収支決算
二、財産目録
三、本年度事業計画および収支予算
四、その他理事会において必要と認めた事項
第二十一条 総会の議長は、正会員の互選により選出する。副議長は、必要に応じて議長が指名することができる。
第二十二条 総会は、正会員の三分の一以上の出席がなければ開会することができない。
第二十三条 総会の議事は、正会員出席者の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
第二十四条 理事会は、会長が必要と認めたとき招集する。
第二十五条 理事会は理事の二分の一以上の出席がなければ開会することができない。
第八章 経費および収入
第二十六条 本会の経費は会費およびその他の収入でまかなう。
第二十七条 会費については、理事会ならびに総会の議決を経て決定する。
第九章 年度
第二十八条 本会の事業年度および会計年度は、毎年六月一日から翌年五月三十一日までとする。
第十章 会則の変更
第二十九条 会則は、理事会ならびに総会の議決を経て変更することができる。
附則 この会則は、平成十年九月十九日より実施する。
(平成十一年六月二十六日改正)
(平成二十七年七月五日改正)
(平成三十年七月二十二日改正)
広島県青年薬剤師会細則
第一章 会員
第一条 入会を希望する者は規定の入会申込書に必要事項を記入し、入会金(五〇〇円)を添えて申し込むものとする。ただし、正会員から準会員、あるいは準会員から正会員、学生会員から正会員もしくは準会員に会員区分が変わるとき、ならびに学生会員については入会金は徴収しない。
第二条 会員は、正会員、名誉会員、準会員、学生会員の四種とし、次の事項を具備するものとする
一、正会員は、広島県内に居住または勤務する四十歳未満の薬剤師とする。ただし、四十歳となる年度は正会員として扱う。
二、名誉会員については、本会に貢献した者で理事会の推薦を受け総会の承認を得た者。
三、準会員は、正会員以外の薬剤師および薬剤師以外の個人で入会を希望し理事会の承認を得た者。
四、学生会員は、薬学を専攻する学生とする。
第三条 正会員のうち年齢の規定により会員区分が変更する場合、更新の手続きを経ることなく準会員として扱う。
第四条 会員は総会で決定された会費を納入しなければならない。
第五条 会費など納入したものは返還しない。
第六条 会員は、退会届を本会に提出することにより、任意に退会することができる。
第七条 二年以上会費未納の会員は、会員資格を喪失するものとみなす。ただし、未履行の義務を免れることはできない。
第二章 役員 第八条 役員は次の方法により選出する。
一、会長は総会において単記無記名投票により選出する。ただし、総会の議決によって別の方法により選出することができる。
二、監査は総会において単記無記名投票により選出する。ただし、総会の議決によって別の方法により選出することができる。
三、副会長および理事は会長の指名による。
第九条 本会は会務および事業を促進するため、次の委員会を設置する。
一、総務委員会
二、会計委員会
三、学術委員会
四、業務委員会
五、広報委員会
第十条 各委員会にはそれぞれ委員長を置く。
第十一条 委員長は委員会の意見を統轄する。
第三章 会議
第一二条 総会では、議事録を作成しなければならない。
第一三条 理事会では、議事要旨を作成しなければならない。
附則 この細則は、平成十年九月十九日より施行する。
(平成十四年六月十六日改正)
(平成二十七年七月五日改正)
(平成三十年七月二十二日改正)
---------------------------------------------------------------------
連絡先 広島県青年薬剤師会
住所  広島市東区二葉の里3丁目2番1号(薬剤師会館内)
電話  082-262-8931
E-mail info@hiroseiyaku.gr.jp
その他の情報は、広島県青年薬剤師会ホームページ
「@青薬(アットセイヤク)」をご覧ください。
http://www.hiroseiyaku.gr.jp/
---------------------------------------------------------------------